読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中野有香ちゃんのおはなし

つい先日ですが、スゴいモノを見てしまいました。

(半強制的に)有給休暇を消化することになりまして、済ます用事も片して一息、何の気なしにTwitterを眺めていると、とある文言とともに4枚のスクリーンショットがTLに流れてきました。

ツイートの全文は省きますが、内容は特定の二次元アイドルを貶す内容の記事が書かれた画面をスクショしたものでした。

 

これを見た私は、共感したり憤慨したりすることはなく、それよりも先に「この記事の全文を読んでみよう」と思いました。

ネット文化が発達した現在、記事の一文をgoogleにでも打ち込むと瞬く間に記事と思しきものがヒットしやがりました。技術の進歩はすげーです。

 

 

早速、興味深々で記事を読み進めました。

そもそも私がどうして先に記事を読もうかと考えたかというと、該当ツイートが意図的に悪評文の部分のみ切り取っている可能性があるからです。

これはTwitterを利用する以上仕方のないことなのですが、1ツイートの文字数や画像の枚数にも制限があるため、どうしても一部分しか伝えることが出来ません。まあ、文字通り『つぶやき』ですから、それ以上求めるのもまた違うとは思いますが…。

 

話が大きく脱線していましましたが、記事を読む前の私はこんなことを考えていました。

「ここまで悪評するのは、もしかしたら切り返しで読者も驚くようなことが書いてあるのかも…?」

 

ものの5分ほどで、全文を読み終えました。

 

読み終えて一つ、率直な感想が浮かびましたね。

 

 

「書いた人は小学生か何か?」

 

何がこの方をここまで突き動かしているのか、どうしてここまで批判できるのか、そもそも批判してばっかりで何一つ内容が伝わってこないしもうめちゃくちゃだよ、とまあ色々気になる部分はありましたが、この記事を読んでくれている方なら該当記事が誰のことを指しているかは察しが付くであろうし、私が感じたモヤモヤ感も伝わると思います。

というか、アンチではないって予防線張るならあんな記事書くなっての

 

さてさて、前置きだけで800文字くらい費やしてしまったのですが、どうしてあの記事をやり玉に挙げたかというと、せっかくアイドルへの愛を語るならば、嫌いなことより好きなことで語るべきなんじゃないの?と考えたからです。

 

私自身、もともと言葉を文章に起こす行為自体不得手なほうなのですが、稚拙な文章でも魅力が伝わればいいなと思い、今も記事を書いています。

 

 

各種様々なコンテンツがありますが、今回はシンデレラガールズのお話をしますね。

アイドルマスターシンデレラガールズにおける、私の好きなアイドルは、中野有香というアイドルです。

 

身長149cm、体重は40kg、スリーサイズは(77/57/81)と小柄な18歳の彼女は、空手の黒帯を持つ武闘派…と思いきや、『可愛いアイドルになりたい!」という熱い思いを内に秘めているすごくいい子なんですよね。

 

私事なのですが、少し昔に武道を嗜んでいた身としては、こんな小柄な女の子が黒帯を取るほど強くたくましいのか…と、二次元であるとは理解しつつも引き込まれて行きました。

 

実のところを言うと、彼女の事を知ったのは本当の本当に偶然でした。

『 スターライトステージ』、俗に言う『デレステ』ですが、このゲームを始めたことがそもそものきっかけです。

 

私があのゲームをインストールしたのは、2016年の5月23日です。

ちょうどこの頃、無料でスタージュエル2500個(10連ガチャ1回分)を配っていたこともありまして、知り合いでやってる人もかなり多いしと思い、半ば話題作りのためにインストールしたのを覚えています。

 

 

 で、とりあえずガチャを引き、1発目でSSR2枚を引き当てる神引き。

私が引いたガチャはここに纏めておりますので興味のある方はどうぞ。

twitter.com

 

さて、始めてみたはいいものの、何をすればいいのかがさっぱりわからない。

右も左も分からない私に、一人の知り合いがアドバイスをくれました。

 

『とりあえずイベント走って石とSRキャラ溜めれば強くなるんじゃないの?』

 

なるほど、やっぱこの手のゲームでイベントは付きものか…と考えた私。

とりあえずイベントページに飛んでみると、ある画像が目に飛び込んできました。

 

https://cdn.img-conv.gamerch.com/img.gamerch.com/imascg-slstage-wiki/1463669677.jpg

 

 

左の子、めっちゃかわいいじゃねぇか!!!!!!!!

 

そして私、走りました。5/27にイベントが終わるとも知らず、スコアがBしか出てないのにMasterをやって、フルコンすればptがたくさんもらえると信じて(これに関してはス〇フェスのせいだと思います)。

 

走り終え、中野有香ちゃんのSRを手にした私は、ちょっと気になって彼女の事を調べてみることにしました。

 

2016/3/2にソロCD発売が決定、そしてそのままシンデレラガールズのアルバムである

Cute jewelries!!! 003の一員として抜擢されたそうです。

さらに遡ってみると、アニメで声が付いたのもサプライズだとかなんとか。

 

 

www.nicovideo.jp

 

 めちゃくちゃ大躍進ですね。モバマスをやっていない私からすれば、彼女の実装当時からずっと応援してきたPの方はどんな気持ちだったのでしょうか?

ボイス実装のみならず、CDデビューも果たし、延いてはデレマスの代表作とも言っても過言ではないjewelries!!!シリーズに抜擢され、そのうえ(デレステの設定上では)リーダー兼ユニットのセンターに選ばれたともなると、もう何がどうなっているのかわからないですね。

私が当時から彼女の事を知っていたら発狂不可避だったと思います。

 

ちなみに、中の(中野)人は下地紫野さん。

あのアイカツ!の大空あかりちゃんの声優も務めている下地さん。

その演技力と歌唱力には目を見張るものがあります。

 

彼女の歌声が気になる方は、デレステストーリーコミュの36話、「Voi che sapete...」をクリアして解禁される『恋色エナジー』、もしくは毎週木曜日と金曜日以外にプレイできる『明日また会えるよね』や『Near to You』をプレイしてみてください。

彼女はノーマルガチャからでも排出されますので、引き当てられた方はぜひ、『明日また会えるよね』ではセンターに、『Near to You』ではセンターの左隣に彼女を配置してMV鑑賞をしてみてください。

 

『明日また会えるよね』はAメロトップの『聞こえてるのに 聞こえないフリ』や、曲ラストの『今すぐ来てね?』のシーンが、『Near to You』は大サビ手前の『この愛感じてるかな』の部分は自信を持ってオススメします。めちゃくちゃいい声でめちゃくちゃかわいいです。

是が非でも聞いてください。見てください。

 

 

 

さて、ここまで長々と書きましたが、まだまだまだまだ書き足りないのも事実です。

私自身も、『知り合いがやってるからという理由で偶然始めたゲームで偶然やっていたイベントの偶然入手しやすい報酬になっていたアイドル』にここまで心を奪われるとは思ってもいませんでした。

最後に彼女のソロ楽曲である恋色エナジーの視聴リンクを張っておきます。

デレステのダンスももちろんかわいいですが、私としては是非CDを買ってフルでこの曲を聴いて欲しいと思っています。

聞けば分かります、絶対有香ちゃんのことを好きになります。

 

www.youtube.com

 

さて、デレステをやっている方にはつい先日、満を持して実装された有香ちゃんのSSRをレビューします。

 

https://i0.wp.com/xn--zck0ab2mr42rre5d.com/wp-content/uploads/2017/01/nakanoyukassr-gazou2.png

 

ラブ!ストレートと題された彼女のSSRは、長い間SSRを待ち続けた有香Pの心を瞬く間に射抜いていきました。(私も死にました)

それどころか、これまで有香ちゃんにあまり興味を示していなかったPの方々の心を揺さぶるような魅力あふれる1枚に仕上がったのではないでしょうか。

 

気になるステータスは

(Vo:4707/Da:4966/Vi:6248)となっており、Vi寄りのバランスのとれたステータスになっております。

そして驚くことなかれ、彼女の総アピール値の『15921』は、デレステ全アイドルの中で同率1位を誇っています。

極めつけはそのスキルの強さで、4秒ごとに高確率で一瞬の間PERFECT/GREATのスコアを17%上げてくれます。

具体的に言いますと、SLv10で4秒ごとに60%の確率で3秒間スコアを17%上げます。

ね?強いでしょう?

ここまで育て上げるのは確かに大変ですが、それだけの価値は十二分にあるといえます。 

 

真の可愛くて強いアイドルになってくれてうれしいです。本当にうれしいです。

 

これだけ強い彼女も、なんとスカウトチケットでスカウト出来ちゃいます。

次回スカチケの機会があれば、可愛くて強い有香ちゃんをぜひともスカウトしてあげてください!

 

今回はだらだら有香ちゃんについて語りましたが、気が向いたらデレステとかスクフェスとかのことをつらつら書き連ねるかもしれません。

 

まあそれは、また今度気が向いたらということで…