みどりのほうせきばこ

暇つぶしにいろいろ書き殴ります。

【デレステ】とんでいっちゃいたいのは本当に来るのか?

2017/7/31

デレステの期間限定ガシャで『棟方愛海』『相葉夕美』が新規SSRとして実装されました。

その他には限定SRで『三村かな子』、新規恒常SRで『黒川千秋』が実装されました。

 

………かな子!?

 

ワタシ、びっくりして柄にも無く普通に声が出ました。

いやね、聴いて欲しいんですよ。

Twitterの方で散々わめき散らしているのでもうご存知の方も多いとは思いますが、私としては次のような予想を立てていました。

 

えめ予想図

7月下旬…SUN♡FLOWER(報酬:きらりしゅがは)

7月末~8月頭…パレード(ドレミファかNGsの新曲?)

8月中旬…キャラバン(さすがに予想が付きません)

8月下旬…とんでいっちゃいたいの(報酬:志希にゃんかな子)

8月末フェス…(Co予想、パッと思い浮かぶのは加蓮とかかなぁ)

9月頭…3周年グルーヴ

10月末フェス…(Cu予想、個人的にはフレデリカ1強かな、と)

 

予想がガバガバなのはご愛嬌ということで一旦置いといて、無くはなさそうでしょう?、このラインナップ。

 

しかもこの予想、意外と自分では完璧だと思ってたフシがありまして。

例えばSUN♡FLOWER。私は報酬がきらりしゅがはで予想していましたが、コレもちゃんと理由があってのことなんですよ。

 

未央⇒きらりと迷いましたし、Spring Screamingでも来ていなかったので来るかもとは思っていました。でも来るならもうちょっと後かな?とも思いまして…

なんか来ない気がするとかそういうフィーリングじゃないです。たぶん。

美嘉⇒当時の1アイドルあたりのカードの種類は最大8種類で、この時点で美嘉は8種類あったので来ないだろうな、と。

早苗⇒直前で限定SSRが実装されていましたし、それによりカードも8種類になったのでこれ以上は無いだろうと考えていました。

きらり⇒未央と同じで7種類のカードがありましたが、最後の報酬がwith loveですし、コレは来るだろうな…と。

しゅがは⇒Happy New Yeah!で報酬にはなりましたが、参加アイドルの中で最もカードの種類が少なかったので『コレは来るだろう!』とバッチリ読んでいました。なお

 

 

しかしまぁ、フタを開けてみたらこんな感じでしたよね。

 

実際の結果

7月下旬…SUN♡FLOWER(報酬:きらり美嘉)※美嘉が全アイドル中最多の10種類に

7月末~8月頭…限定ガシャに愛海夕美かな子実装←!?!?!?!?(しかも8種類目)

7月末~8月頭…パレード(ウサミンしゅがは新曲)ここではぁとさんは来ました

8月中旬…キャラバン(おそらく)

8月下旬…とんでいっちゃいたいの(報酬:志希にゃんかな子)←ダメかも

8月末フェス

9月頭…3周年グルーヴ?

10月末フェス…

 

 

なにこれ。

これほどまでに美しくハズした予想を見たことはないでしょう。日常茶飯事なんですけどね

勝手に予想して勝手にハズしただけじゃねーかと言われればそれまでなのですが、それはさておき、私にはどうしても気になって仕方がないことがあるのです。

 

それは、楽曲『とんでいっちゃいたいの』がイベントで来るのかどうか?

f:id:Emerald_LLR:20180802030654j:plain

コレ、今の私の中で最も重大かつベリーホットな話題なんです。

単純に楽曲が好きで、ぜひともイベントで来て欲しいなという話なのですが…

これまでの流れからして、絶対来ると思ってたんですよね。それがここにきてちょっと怪しくなってきたぞ?という話です。

 

と、いうわけで…

 

タイトル通り、とんでいっちゃいたいのは本当に来るのか?

についての自分なりの意見を述べようと思います。(前置きが長くなり申し訳ありません)

 

 

・『とんでいっちゃえる!』と確信していたワケ

 

1:オトメモリ形式イベントの周期

⇒コレはもう結構有名だとは思うのですが、基本オトメモリ(アタポン)形式イベントはCuCoPa⇒またCuといった感じでイベント楽曲の属性がループしていました。(一部例外がありましたが…)

それを踏まえてのお話にはなりますが、ここ最近は

HARURUNRUN』⇒『エチュードは1曲だけ』⇒『SUN♡FLOWER

といい感じに回っていました。

これにより、次のオトメモリイベントはCu楽曲が来るのではないか?との予想を立てたわけです。

 

2:Master Seasons楽曲の消化

とんでいっちゃいたいの』を始めとするいくつかの楽曲は、『Master Seasons』という春夏秋冬に因んだ全16曲で構成されるシリーズ曲のうちの1曲です。

そして、昨年10月末に開催された『Halloween♡Code』を筆頭に、各CDの属性曲は月末に、表題曲である『風』シリーズは隔月で開催されるGrooveイベントで消化されていきました。

そうしてここまで消化された楽曲は、

Halloween♡Code秋風に手を振って(2曲)

冬空プレシャスFrostツインテールの風(3曲)

桜の風Spring ScreamingHARURUNRUN(3曲)

銀のイルカと熱い風(1曲)

 

の、合計9曲です。

このことから考えても、夏曲は最低でも2曲、あるいは3曲消化してくるだろうと考えていました。これが2つ目の理由です。

 

3:志希、かな子、フレデリカの現状のカード種類

⇒この予想を立てた時点で、

志希:6種

かな子:7種

フレデリカ:5種

 

のカードが実装されていました。

前述の通り、美嘉(以外に居たらすみません)に10種類目が実装されるまでは最大でも8種類止まりだったので、この3人はいずれも最大数に達していません。

故に、この時点では報酬に誰が来てもおかしくないのですが…

この中で唯一フレデリカのみが3種類目のSSRが実装されていないのです。

しかも最後に実装されたカードが2016年11月の限定ガシャ、イベントに至っては2016年5月明日また会えるよねにまで遡ります。

2年以上も出演が無いだけではなく、ガシャの実装もない…ということも踏まえて、私の中では

志希かな子』がイベント報酬、さらに次回のCuアイドルの新実装が予想されるタイミングのシンデレラフェスで『フレデリカ』が来るのではないか?との予想が固まりました。

 

とまぁ、都合のいいように解釈すればこれ以上ないほどにいい塩梅の筋書きが出来上がったわけですが…

それが今回のかな子実装により崩れかけている、というのが現状です。

さらに、私が『とんでいっちゃいたいの』が来ないのではないか?と懸念している理由は他にもあります。なので次はそれらの理由についても考えていこうと思います。

 

・『とんでいけないんじゃないか?』と疑念を抱くワケ

 

1:LIVE PARADEにおける属性曲の実装

⇒これだけじゃあ何のことかさっぱりだと思いますので、掘り下げて説明いたします。

まず、Grooveイベントと隔月開催になる形で実装された、"LIVE PARADE"(以下:パレード)というイベントがあります。

このイベントは、内容こそ全くもって別物ですがグルーヴと同じように『全タイプ曲』をイベント曲として設定する傾向がありました。

しかし、パレードのみ気まぐれ不定期で『属性曲』がイベント曲として設定されることがありました。

これまでのパレードのイベント曲は、以下のようになっています。

 

 1:STORY

 2:EVERMORE

 3:Sweet Witches' Night

 4:shabon song

 5:With Love

 6:Take me☆Take you

 7:キミのそばでずっと

 8:恋が咲く季節

 9:always

10:Vast world

11:Virgin love

12:凸凹スピードスター

 

実に12回中3回が、属性曲を表題としたイベントになっています。

さらに注目すべき点としましては、過去二回とも属性曲の後のオトメモリイベントは必ず異なる属性の曲になっているという点でしょう。

実際問題、『shabon song』の後には『Nocturne』が開催されましたし、『Virgin love』の後には『エチュードは1曲だけ』が開催されました。

よく法則をブチ破ってくることに定評のある千川さんサイゲですが、こればっかりは今月も適用される気がするんですよねぇ……

 

2:夏恋 -NATSU KOI- の可能性

⇒先ほどお話しました『Master Seasons』の夏曲は、『とんでいっちゃいたいの』を含め3属性ともまだデレステには実装されておりません。

さらに、『SUN♡FLOWER』『凸凹スピードスター』にしゅがはが参加していること、また、2か月連続で同タイプの属性曲がオトメモリイベントの対象になった前例がないという点から『CoCo夏夏夏 Holiday』が来るとは少々考えづらいです。

しかしながら、『夏恋 -NATSU KOI- 』は楽曲タイプがCoであるため前述のパレード表題曲との属性は異なっています。

さらに、参加メンバーの周子・ありす・涼の3人は直近半年でイベントへの出場はありません。(SSRやソロの実装はありましたが)

周子においては1月に開催された『美に入り彩を穿つ』が記憶に新しいとは思いますが、涼は『Nocturne』、ありすに至っては『Near to You』までイベントの出演が遡ります。(フレデリカといい勝負ですね)

 

以上2つの理由から、『とんでいっちゃいたいの』は来ないのではないか?との考えが私の中で強まっているというのが現状です。

 

  ・希望を見出してみる

⇒それでも諦めきれないので、一応ワンチャンを見出せそうな共通点がないかどうか、なんとか悪あがき探しました。

 

そもそも私が『志希かな子』がイベント報酬、シンデレラフェスで『フレデリカ』と予想した理由なのですが、この予想の根底は『フレデリカがフェス限で来る』という理論にあります。

全てを話すといくらなんでも蛇足なので割愛しますが、次のCuフェス限は恐らく『CuタイプのVi特化のアイドルが来るだろう』という予測を立てました。故に、その候補に上がったのがフレデリカだったというわけです。

もちろんこの理論が正しい謎の自信はありますが、そうなるとイベントの報酬は残りの志希かな子におのずと限定されるとは思います。

そうなると、こういう疑問点が浮かび上がってきます。

 

Q:かな子が報酬で来たら同じ月に2枚カードが増えるのでは?

 

確かに、仰る通りですね。

ならば逆転の発想です。報酬を『志希フレデリカ』ということにしてみましょう。

すると、どうでしょうか?

 

Q:フレデリカ以外にフェス限で来そうな候補いるの?

Q:仮に両方で来たら登場スパンが短すぎるのでは?

 

上の質問については何とも言えません(というかフレデリカがフェス限ってこと自体私の想像ですし)が、報酬がかな子であろうとフレデリカであろうとこれだけは言えます。

 

 

登場スパンが短いからと言って、短期間でカード実装が行われないというわけではない!!

 

そもそも考えてください。

登場スパンが短いとか言い始めたら今年あった限定SSR美穂イベントSR美穂とか、昨年あった限定SSR有香イベントSR有香はどう説明をするのでしょうか?

 

前例がある以上、可能性はゼロじゃないんです!!!!

(そもそも私の担当だって去年1年で4種類もカードが出てビビってるんですから、有り得ない話でもないでしょう)

 

 

…とまぁ、ここまで書いて思ったのですが

上のガバガバ理論に無理があるのは当然として、次イベントは『夏恋 -NATSU KOI -』のような気がしてきましたね。(というか俄然そんな気がしてきました……)

 

 

まぁ私は最後まで『とんでいっちゃいたいの』が来ることを信じていますし、そう願っています。

例え来なくても待ち続けるつもりです。(モチベが続くかはまた別の話ですが)

 

アレですね。誤解を恐れずに言うならば、『担当が参加しているワケじゃないのに惚れ込んだ曲がある』、そしてその曲がイベントとして来るのかどうかを憂いている、という感じです。

 

さて、熱中して書きまくりましたが次からは普通にデレステについてのいろいろ解説なんかを書くと思います。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

波打ち際飛び跳ねながら、平成最後の夏を終えれれば嬉しいですね。

 

 

 

 

【デレステ】ユニット編成のススメ(トリコロール編)

どうも。

今回は前回チラッと触れたセンター効果、『トリコロール』を軸としたユニット編成についてお話したいと思います。

 

と、言ってもこれはトリコロール軸編成のほんの初歩的な部分のお話です。

ここで解説している編成に固執することなく、ぜひ様々な編成へとチャレンジするきっかけにでもしていただければな、と思います。

 

そもそもトリコロールの効果とは?

f:id:Emerald_LLR:20180728182201j:plain

 

3タイプ全てのアイドル編成時、全員の○○アピール値100%アップ』となっております。

このアイドル達は定期的に開催されている『シンデレラフェス』でのみ入手可能となっておりますが、彼女達の能力はかなり尖った性能をしており、以下のようなメリットもデメリットもたくさん持ち合わせています。

 

メリット

 ・センター効果『プリンセス』を軸とするユニットに比べて編成難易度は低い

⇒あくまでプリンセスと比較しての話にはなりますが、1タイプで染め上げる必要のあるプリンセス編成に対して、とりあえず3属性のアイドルが編成されていれば条件はクリア出来る点がトリコロールの強みと言えます。

 

入手難易度がそこまで高くはない

⇒この点もあくまでプリンセスと比べれば…という話ではありますが、全部で9種類存在しているのでキャラにこだわらなければ入手するのはプリンセスのそれよりは容易です。

誰でもいいからとりあえずトリコロールが欲しい!』といった方は、ある程度ジュエルを貯めてフェスで全ぶっぱすることでかなりの確率で入手が期待できます。

 

 デメリット

 ・『全タイプ曲』の楽曲以外では能力をフルに発揮できない

⇒前回の記事で少し触れましたが、ユニットに参加しているアイドルのタイプ楽曲のタイプが一致すれば、『アピール値』および『特技発動率』が上昇します。(以下、タイプ補整)

f:id:Emerald_LLR:20180728092813j:plain

 (上図では、がタイプ補整の恩恵を受けています。)

 

しかしながら、その他の『卯月李衣菜みく』の3人に至っては、タイプ補整を受けることができなくなってしまいます。

こうなってしまうと、ユニット全員のタイプが統一されているプリンセス編成にはどうしても遅れを取ってしまうということになります。

もちろん『全タイプ曲』に挑む場合はこのデメリットの影響を受けないので気にする必要はありませんが、それ以外の楽曲に挑む場合は注意すべきポイントの一つです。

 

さてさて、その他にもメリット・デメリット共にたくさんあるのですが、いちいち上げていても枚挙に暇がないので、次の話題に移りたいと思います。

 

 

トリコロール編成の組み方は?

まず編成を考える前に、自身の手持ちでセンターに置きたいアイドルを一人決めましょう。

今回は、先ほど例に挙げたフェス限卯月を軸にして編成を考えたいと思います。

f:id:Emerald_LLR:20180728182201j:plain

センター効果は、『3タイプ全てのアイドル編成時、全員ビジュアルアピール値100%アップ』です。

さらに卯月のステータスを見て頂いても分かるように、他のステータスに比べてビジュアル値が大きく突出しています。

つまるところ、これを活かせるようにセンター効果で補整がかかるアピール値が高いアイドル、今回で言えばビジュアル値が高いアイドルを複数編成したいということですね。

 

というわけで…条件にマッチするアイドルを探すために、『所属アイドル一覧』から、右上のソート機能を使って『ビジュアル』でソートをしてみましょう。

f:id:Emerald_LLR:20180729000317j:plain

私の場合、こうなりました。

定石通りであれば、左上からビジュアル値が高い順番で並んでいくのですが…

編成を組んでしまう前に、少しだけ豆知識をお話しさせてください。

 

実は、ソートで左上に来るからと言って必ずしも所持アイドルの中で最もビジュアル値が高いとは限りません

どういうことかと言いますと、単に育成されていないだけでビジュアル値が高くなるポテンシャルを持っているアイドルが眠っている可能性があるからです。

 

では、こちらの画像をご覧ください。

f:id:Emerald_LLR:20180729001826j:plain

こちらは恒常の李衣菜、ステータスはビジュアルに尖っていますね。

要はこのようにビジュアルに尖ったアイドルを組み込みたいわけなのですが、今回注目して頂きたいのは李衣菜のセンター効果です。

『クールアイドルのビジュアルアピール値90%アップ』とあります。

どうやら、このセンター効果で補整がかかるアピール値が、そのアイドルのカードで最も伸びやすいステータスに設定されているようです。

 

少々分かりづらいのでもっと別のアイドルを見てみましょう。

f:id:Emerald_LLR:20180728110037j:plain

こちら、恒常の美穂です。

センター効果は『キュートアイドルのボーカルアピール値90%アップ』でこの美穂自身のアピール値はボーカルに特化していますね。

 

 

f:id:Emerald_LLR:20180728110025j:plain

こちら、フェス限の幸子です。

センター効果は『ダンスアピール値90%アップ』で、幸子自身のアピール値はダンスに特化していますね。

 

とまぁこんな感じでそれぞれのアイドルが特化している能力を持っているのですが…

もしかしたら、所属アイドルの中にも特訓されていないだけできちんと育成すれば高いアピール値を出すことのできるアイドルが眠っているかもしれないということです。

なので、例えば『ビジュアル値が高いアイドルを選択する』ならば単純に現時点での能力が高いアイドルだけではなく、先ほどの李衣菜のように『ビジュアル値アップ』の効果を持つアイドルが他にいないかも含めて、じっくり吟味することをおススメします。

 

実際にユニットを組んでみよう

さてさて、話を戻しましょう。

編成を組むにあたって、ひとまず先ほどの画像から候補になりそうなアイドルを何人か選出してみました。

 

f:id:Emerald_LLR:20180729000317j:plain

(例)……COMBO(7高)

PaタイプでCOMBOボーナス系特技を持ち、発動間隔は7秒ごとに高確率で発動…となります。

 

 【編成候補一覧】

 

李衣菜……SCORE(4高)

…………SCORE(13高)

志希………SCORE(11高)

…………SCORE(13高)

智絵里……SCORE(9高)

美波………SCORE(9高)

…………COMBO(7高)

卯月………COMBO(11高)

紗枝………COMBO(9高)

夏樹………COMBO(13高)

琴歌………COMBO(5高)※オールラウンド

…………COMBO(8高)※オールラウンド

亜季………COMBO(9高)※オールラウンド

みく………スキルブースト(8高)

 

さて、こんな感じでピックアップしてみました。

 

そして、忘れちゃならないのがセンター効果『トリコロール』の発動条件である3タイプのアイドルを編成するということです。

さらに突き詰めるならば『SCOREボーナス系』と『COMBOボーナス系』をバランスよく織り交ぜること、同系統の特技発動タイミングを重複させないという点にも気を付けたいですね。

 

これらの点を念頭に置いて、実際に編成を組んでみましょう。

私の手持ちだと、強力な特技『トリコロールシナジー』を持つアイドルをお迎えできていないので……

 

SCOREボーナス系…2名

COMBOボーナス系…2名

スキルブースト持ち…1名

で組んでみようと思います。あくまでもバランス重視で。

 

まず、スキルブースト枠でみくを編成するのでコレで1枠ですね。

 

次にCOMBOボーナス枠ですが、個人的なポテンシャルptの多さとステータスの関係から、今回は卯月を選んでみようと思います。

(特技『オールラウンド』のアイドルは、純粋なコンボボーナスの%が低く設定されているので、今回は編成には加えませんでした。)

 

これで3枠が決まりました。

ここまでの3人の選出を踏まえると、まだユニットに存在していないクールタイプのアイドルを選出することが不可欠になってきます。

と、その前に先ほどのくだりを思い出していただきたいのですが、『同系統の特技発動タイミングを重複させない』という点を思い出していただきたいのです。

上記の候補で例えると、が同じ13秒、智絵里美波が同じ9秒になっています。

つまるところ、この2名同士を同時に選出することは極力避けたいということですね。

(「他に入れられそうな候補がいないな…」という場合は致し方ありませんが)

 そういうわけで、今回は李衣菜を選出したいと思います。

 

f:id:Emerald_LLR:20180728070438j:plain

編成内訳

李衣菜……SCORE(4高)

…………SCORE(13高)

卯月………COMBO(11高)

…………COMBO(7高)

みく………スキルブースト(8高)

 

上手い具合に3つのタイプを混ぜながら、ビジュアル値に寄せたユニットを構築することが出来ました。

繰り返しになりますが、『3タイプしっかり編成する』『SOCREとCOMBOの割合バランスを調整する』『同系統の特技の秒数被りは避ける』の3点はしっかりと抑えて頂きたいポイントになります。

もちろん編成のバリエーションに個人差はあるでしょうが、基本的にはこのようなスタンスで構築していただければ高いスコアを狙うことはできると思います。

 

ユニット全体のアピール値を底上げする』スタイルのプリンセス編成に対して、トリコロール編成は『1つの能力に特化してアピール値を上げる』スタイルになっています。(下図参照)

 

つまるところ、究極の理想形は『1つのアピール値に特化したアイドルが5人揃う』ことになります。

トリコロール編成に挑戦される方は、ぜひこの点に留意して編成を試していただければなと思います。

f:id:Emerald_LLR:20180729063329j:plain

f:id:Emerald_LLR:20180729063710j:plain

(※ビジュアル特化のトリコロール編成と、全体的に底上げを狙うプリンセス編成の内訳比較)

 

 

余談ですが、トリコロールの発動条件である『3タイプのアイドル編成時』という文言。

コレ、実は自分の編成同僚を含めた6人で達成していればOKなんですよね。

f:id:Emerald_LLR:20180729064131j:plain

こんな感じに。

かなり型破りな戦法ですが、こうすることで夕美以外の4名はタイプ補整を受けることができ、それでいてセンター効果もしっかり発動しているということになります。

これが冒頭で挙げたトリコロール編成のデメリットの部分を大幅に解消することが出来るので、私としては決してナシではないのかな…と思います。

 

また、コレは『トリコロール編成を組みたいけど、パッションアイドルで良さそうな子がいないよ!』といった場合でも応用することが出来ますね。

f:id:Emerald_LLR:20180729064914j:plain

なお、この場合は『同僚に選ぶアイドルの属性が固定されてしまう』というデメリットはあるものの、そこさえクリアできればトリコロール編成へと挑戦するハードルはググっと下がると思います。

スコアに伸び悩んだ場合には、一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

さて、話のネタは尽きませんが何から何まで説明していても着地点を見失うだけなので、ここら辺で筆を置こうかなと考えております。

ものすごく長くなってしまいましたが、ここまでつまらない怪文書記事をお読みいただいた事に感謝いたします。

ありがとうございました。

次回は何について書こうか…とまだ思案中ですが、気が向いたタイミングでゆるゆる更新していこうと思います。

 

それでは!

 

【デレステ】スコアを出せるユニットを作ろう!

こんにちは。

デレステ怪文書記事を書くのはこのブログでは初めてになると思います。

(というかこれまで書いてた記事全部消しましたけど)

以前は動画を作ってニコニコに上げるように根回しはしていたのですが、作成途中のデータがロストしたりそれが見つからなかったりと踏んだり蹴ったり状態でして、軽くお流れになりかけております_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

はてさて、どうでもいい前置きはさておき、今回のテーマはズバリ、

『スコアを出せるユニットを作ろう!』

です。

 

 

 

そもそもの話なのですが、高いスコアを出すことによるメリットがある…

というのはもはや書き記すほどでもなく、皆さま周知の事実だとは思いますが

 

1ライブで獲得できるファン数が増える

 

難易度『MASTER+』楽曲のスコアランクSが狙いやすくなる

 

各種イベントで獲得できる『トロフィー』が狙いやすくなる

 

などなど、言い出せば枚挙に暇がありません。

そんなたくさんのメリットを孕んでいるスコアを少しでも上げるコツをお教えします。

 

今回の記事では、ユニットのアピール値アイドルの持つ特技に着目して解説しようと思います。

 

 

1:ユニットのアピール値について

 

そもそもの話ですが、ユニットのアピール値というのは以下の4つの要素から弾き出されます。

 

ユニット自体のアピール値

サポートメンバーのアピール値

同僚枠アイドルのアピール値

楽曲によるタイプボーナス

 

当然ですが、これらの恩恵を多く受ければ受けるほどアピール値は上昇していきます。

それでは順番に解説して参りましょう。

 

まず、『ユニット自体のアピール値』。

これは、"編成された5人の合計アピール値"に"センターアイドルの効果"を付与した値になります。

 

f:id:Emerald_LLR:20180728065903j:plain

 

これは私の組んでいるユニットの一つなのですが、これを例に挙げてみましょう。

 

まず、有香フレデリカ幸子卯月みくのアピール値がそれぞれ加算されます。

ここに、センターに配置されている有香の効果である

キュートアイドルのみ編成時、全員のアピール値50%アップ』の効果が上乗せされるということになります。(通称:プリンセス)

 

余談ですが、プリンセスは非常に強力なセンター効果となっており、引き当てる事こそ難しいのですが…プリンセスの効果を持つアイドルが1人いれば戦力は大幅に強化されること必死です。

機会があればぜひ狙ってみることをオススメします。

 

 

 

もちろんプリンセスだけではなく、他にも

3タイプ全てのアイドル編成時、全員の○○アピール値100%アップ』といった効果を持つアイドルも存在します。(通称:トリコロール)

トリコロールは、プリンセスのように1属性特化というスタイルこそ取れませんが異なる属性のアイドルを5人詰め込みながらも相応の火力を出すことが出来るのが強力な持ち味と言えるでしょう。 

しかしながら、ただやみくもに持っている3属性のアイドルを詰め込むだけでは折角の持ち味も活かしきることができません。

トリコロールついてはおいおい別記事で解説できれば…と考えておりますが、ひとまず編成例を下記に載せておきますので、一つの参考程度にご覧ください。

 

トリコロール編成(えめ手持ち編)】

f:id:Emerald_LLR:20180728070438j:plain

f:id:Emerald_LLR:20180728070450j:plain

f:id:Emerald_LLR:20180728070500j:plain

 

 

…とまあ、話が大きく脱線してしまいましたが、このセンター効果がユニットのアピール値に対して非常に大きな働きをしています。

 

例えば、先程のプリンセス編成を例に挙げて考えてみましょう。

あのユニットは、『有香フレデリカ幸子卯月みく』の5人で編成されておりましたが、仮に幸子の部分をクールタイプの塩見周子に変えたと仮定します。

 

f:id:Emerald_LLR:20180728072537j:plain

 

すると、有香のセンター効果である『キュートアイドルのみ編成時』という条件を満たさなくなってしまいます。

こうなると、もはやセンター効果は存在しないのと同義です。

当たり前なのですが、センター効果に発動条件が存在している場合はその要件を満たしていなければなりません。

しかしながら、条件が存在するセンター効果はその制約がある分物凄い火力を叩き出すことが可能です。

私が『プリンセス』や『トリコロール』編成をオススメする理由はまさにここで、イベントのスコアランキングで高い位置に食い込む人は大体この編成のどちらかを使用しています。

もしこれらのセンター効果を持つアイドルをお持ちの場合は、そのアイドルを中心にユニットを組み立ててみてはいかがでしょうか?チャレンジする価値は大いにあると私は思います。

 

 

次に、『サポートメンバーのアピール値』。

この説明いらないでしょ

 

通称『サポメン』ですね。

選出基準は簡単で、自身が選択しているユニットに属していないアイドルの中からアピール値の高い上位10名が選ばれる…という仕組みです。

 

LIVE開始』のボタンを押す画面の右上で確認することができます。

f:id:Emerald_LLR:20180728074741j:plain

 

私の場合、サポメンの中身はこんな感じになっております。

 

f:id:Emerald_LLR:20180728074257j:plain

 

 

サポメンに関しては、純粋なアピール値のみが問われることになるので、ご自身のサポメンを覗いてみて

サポメンにSRアイドルが編成されているのに、事務所には特訓すらしてないSSRアイドルがいる~!!

なんてことになってる方は、ルームでクッキーなどを与えて特訓し、親愛度とレベルだけでいいので最大まで上げ切っておくことをおススメします。

(ただし特訓アイテムやレベル上げのトレチケに余裕があれば…のはなしですが)

 

しかしながら、たかがサポメン、されどサポメンです。

きちんと強化されたアイドルが編成されているとサポメン値はじわじわと上がっていき、ひいてはユニット全体のアピール値に響いてきます。

優先度こそ高くはありませんが、重要な要素なので頭の片隅にでも置いておいて頂けると幸いですね。

 

 

続いては 『同僚枠アイドルのアピール値』なのですが、これについては特筆すべき点は1点しかありません。

自分のセンターと同じ効果を持つアイドルを選ぶ

高いスコアを狙う場合は、これだけでいいと思います。

あとは同じ効果のアイドルが複数出現した場合は、合計アピール値が高いほうを選んでおくのが無難でしょうか。

この辺りは特に解説すべき部分もないので、必要があれば別記事で捕捉したいと思います。 

 

 

 

 

最後に、『楽曲によるタイプボーナス』というポイントです。

 

ご存知の通り、デレステには

全タイプ曲』『キュート曲』『クール曲』『パッション曲』の4種類が存在します。

そして、楽曲の属性と参加アイドルの属性が一致した場合、アイドルのアピール値が30%も上乗せされます。(全タイプ曲は全てのアイドルが上昇対象になります。)

また、この補整は前述の同僚枠サポメンにも適用されます。

 

つまるところ、ものすごく単純な結論を出すとするならば、全タイプ曲が一番アピール値が伸びやすいということです。そりゃそうですよね。全員に補整がかかりますし。

 

実のところ、楽曲のタイプによるボーナスは アピール値以外にも影響を及ぼすのですが…その話はこの後でするのでいったん置いておきますね。

 

 

余談ですが、アピール値補整の恩恵を受けられるアイドルは下の図のように"タイプ↑"といったマークが付きます。

f:id:Emerald_LLR:20180728092813j:plain

 

要するに、このマークがユニット全員に付いているのが理想というわけです。

タイプへのこだわりを持つのはどちらかというとトリコロールユニットがメインになるので、別途解説できればなと思います。

 

 

…さてさて、ここまでは脱線を繰り返しながら駆け足で解説して参りましたが、ここからはユニットの中身についてのお話です。

ユニットを組みたいけど編成の候補がたくさんいて選べない!』という方の参考になればと思います。

 

 

 

 

 

2:アイドルの特技と編成について

 

さて、この話題については大きく3つに分類して解説できればと思います。

 

 

スコア狙いで有効な特技について

特技Lvについて

アイドル同士の特技の相性

以上の3点を解説します。

 

 

 

最初に、『スコア狙いで有効な特技について』。

 

まず大前提として、デレステには

SCOREボーナス

COMBOボーナス

オーバーロード

オールラウンド

コンセントレーション

○○フォーカス

トリコロール・シナジー

スキルブースト

ライフ回復

COMBOサポート

PERFECTサポート

ダメージガード

 

の計12個が存在します。(7/28現在)

このうち、スコア狙いで有効な特技は赤色で塗った8個です。

 

さらに、これら8個の特技は『SCOREボーナス系』『COMBOボーナス系』『双方同時発動系』の3種類に分類することができます。

 

実際に分類すると、以下のようになります。

 

SCOREボーナス系

SCOREボーナス

オーバーロード

コンセントレーション

 

COMBOボーナス系

COMBOボーナス

オールラウンド

 

双方同時発動系

○○フォーカス

トリコロール・シナジー

 

 

誤解を恐れずに例えるならば、これらの特技を持つアイドルをパズルのように組み立てていく手順をこの後行う…と考えて頂ければ結構です。

詳細については後述いたしますが、とりあえずこの3系統に分類できるということだけ覚えておいてください。

 

 

 

 

次に、『特技Lvについて』です。

 

これは私の偏見が入っておりますが、「プリンセス(トリコロール)がいるのに高いスコアが取れない~」と仰っている方のほとんどが、特技Lvを上げ切っていないように感じます。

 

では、そもそも特技Lvとは何に関係しているのか?という点から説明いたします。

こちらをご覧ください。

 

f:id:Emerald_LLR:20180728100641j:plain

私の事務所にいる中野有香

特技Lvは『10』で、特技効果は

4秒毎、高確率一瞬の間、PERFECT/GREATのスコア17%アップ』とあります。

 

実は、この『高確率』および『一瞬』という文字には、内部的にパラメータが設定されており、この特技Lvが上がるたびに内部的にパラメータが上昇しているんです。

 

これだとさすがに分かりづらいので、具体的に数字に直してテキスト化してみましょう。

 

特技Lv1の場合ですと、

4秒毎、40%2秒の間、PERFECT/GREATのスコア17%アップ

となります。

 

次に特技Lv10の場合ですと、

4秒毎、59.442.99秒の間、PERFECT/GREATのスコア17%アップ

となります。(wiki参照)

 

実数値で換算すると、実に発動率20%UP、発動時間が1秒近く伸びていることになります。

 

さらに先ほど軽く触れましたが、『楽曲によるタイプボーナス』は、実は特技の発動率にも影響を与えます。

仮に有香を『全タイプ曲』および『キュート曲』で使用したとすると、この時点で有香の特技発動率に1.3倍の補整がかかることになります。

つまり、これを加味して再度テキスト化すると…

4秒毎、77.272.99秒の間、PERFECT/GREATのスコア17%アップ

と、こうなります。

 

 

もうお判りでしょうが、スコアを上げようとするならば特技Lvを上げないという選択肢は存在しませんケチくさいこと言わず多少無理をしてでもLv10まで上げてください。

 

どれだけ強力な特技を持つアイドルを入手しようが、特技Lvが上がっていないとお話にすらならないということです。

逆に言えば、既にユニットは組めているという方は特技Lvを上げ切るだけで飛躍的にスコアが跳ね上がる可能性もある、ということです。奥が深いですねぇ。

 

もし、『ユニットは組めてるんだよえめカスオラァ!』って方がいらっしゃれば、一度特技Lvを見直してみてください。それでもスコアの上昇が見込めないのであれば、次項で説明する部分を参照していただければ幸いです。

 

 

 

続きまして、『アイドル同士の特技の相性』。

 

これは少しややこしい上に、長くなりそうです。

どうか最後までお付き合いください。

 

 

さてさて、先ほどの過程で

 

SCOREボーナス系

SCOREボーナス

オーバーロード

コンセントレーション

 

COMBOボーナス系

COMBOボーナス

オールラウンド

 

双方同時発動系

○○フォーカス

トリコロール・シナジー

 

 

の3種類に分類したと思います。

 

そしてもう二つ重要なことがありまして、

重複する系統(例:SCOREボーナスとオーバーロード等)の特技は、どちらか一方の特技しか優先されないということ、それとSCOREボーナス系とCOMBOボーナス系は別物扱いであるということです。

 

コレが本当に厄介で、例えばSCOREボーナス系を5人並べて配置しても大したスコアにはなりません。

つまるところSCOREボーナス系とCOMBOボーナス系を上手く織り交ぜて編成を組み立てていく必要があるんですよね。

 

さらに頭を悩ませるのが、特技の発動タイミングです。

先程も申し上げたとおり、特技が同時に発動すると、どちらか一方しか優先されません。

 

例を挙げると、6秒発動の限定フレデリカ(SCOREボーナス系)と、6秒発動のフェス限幸子(COMBOボーナス系)は、系列が別物扱いなので発動タイミングが被っていても問題はありません

 

f:id:Emerald_LLR:20180728110122j:plain

f:id:Emerald_LLR:20180728110025j:plain

 

 

 

しかし、恒常の有香と美穂はどちらもSCOREボーナス系でありながら、特技発動のタイミングがダダ被りしています。

これは編成を行う上で最も避けなければならない要素で、事実上の1枠無駄遣いという事態になりかねません。

(もちろん他に強力なアイドルが見当たらない場合はやむを得ず編成するのも手ですが、極力避けたいですね)

 

f:id:Emerald_LLR:20180728100641j:plain

f:id:Emerald_LLR:20180728110037j:plain

 

さらに、『○○フォーカス』や『トリコロール・シナジー』といった特技のことも出来ることなら考慮しなければなりません。

これらの特技は、一度発動してしまうと前述の『SCOREボーナス系』『COMBOボーナス系』を同時に発動できるというとてつもなく優秀な特技なのですが、これらの特技を打ち消してしまうような編成も避けなければなりません。

 

 

例を挙げるならば、『キュートプリンセス卯月』。

f:id:Emerald_LLR:20180728111321j:plain

 

とても強力な特技を有していますが、発動タイミングが『6秒ごと』のため、前述のフレデリカや幸子等の同系統・同タイミングの特技を持つアイドルを編成してしまうと、特技を打ち消してしまうことになります。これはもったいない。

 

 

 

…とまあ、だんだん話がややこしくなって参りましたので、ここで私の編成の一つを例にしてみましょう。

 

f:id:Emerald_LLR:20180728093151j:plain

【キュートプリンセス編成】

有香(限定)

SCORE/COMBO……9秒ごと

 

有香(恒常)

SCORE………………4秒ごと

 

幸子(フェス限)

COMBO………………6秒ごと

 

卯月(フェス限)

COMBO………………11秒ごと

 

みく(フェス限)

スキルブースト………8秒ごと

 

 

考えて組んだというよりは消去法でこの編成しかなかったのですが、それなりに戦える編成にはなりました。

もちろんこれがベスト編成という訳では決してないのですが、このように発動時間をズラしただけの編成でもなかなかのスコアは叩き出せます。

  f:id:Emerald_LLR:20180728113307j:plain

 

ううむ、悪くないですねぇ。…悪くないですねぇ!!!

このユニットはそこそこポテンシャルも振っているのでかなりの点が出てはいますが、実際問題アイドル同士のシナジーさえ噛み合っていればなかなかいいスコアは出してくれます。これはプリンセスもトリコロールも同じですね。

 

ちなみにここまで完全スルーしていましたが、『スキルブースト』については持ってる人は(組み込めるなら)必ず入れてください。

さすがに全てを説明すると複雑になりすぎるので今回は割愛いたしますが、スキルブーストがいるとこれまたスコアは跳ね上がります。

 

また、『キュートプリンセスやろうと思うけどしかスキルブーストいません!』というようなパターンの方もいらっしゃるかもしれませんが、その場合は致し方ないのでスキルブーストなしのプリンセスを構築するか、スキルブーストを生かすためにトリコロール路線で攻めてみるのもアリかもしれません。

 

自分がどの編成で挑むのが最もいいスコアが出せるのか…という試行錯誤を繰り返していくのもこのゲームの醍醐味かもしれませんね。

もちろん、FF内外でも相談等あればTwitterの方までお気軽にどうぞ

(@Emerald_LLR)

 

 

【余談】

ワケが分からないのを承知で計算式を乗っけておきます。

 

(1ノートのスコア) = { (基礎値(割愛)) × (SCOREボーナス系) × (COMBOボーナス系) × (特技倍率) }

(wiki参照)

 

 

 

 

さてさて、ここまでお読みいただきありがとうございました。

そろそろ書いている私も何を書いているのか分からなくなってきているので、ご指摘、ご要望等あればお気軽にどうぞ。

 

次回は、トリコロールを生かした編成について機会があれば書きたいなと考えております。

 

それでは!